最新更新日:2017/11/17
本日:count up15
昨日:92
総数:155829
11月17日(金):個人懇談会(児童は13時20分ころに下校)   21日(火):神奈川県清川村の教育視察一行様が来校・授業参観(午後)

5年 国語 「新聞を読もう」

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
5月17日(水)の5時限、5年1組の教室では国語「新聞を読もう」の授業が行われていました。
 5年生の国語では、子どもたちが新聞を持ち寄り、記事の読み比べをする活動の中で、紙面の構成や見出しの書き方、写真の違いで、読む人に与える印象が変わることを学習します。
 今日の授業で近藤教諭は、2012年に観測された「金環日食」について書かれた二種類の新聞(全国紙と地方紙)を拡大して提示して、子どもたちに違いを考えさせました。
 全国紙では見出しが「列島興奮」や「932年ぶりに広域観測」であるのに対して、地方紙(京都版)では、「282年ぶりに京都で金環日食」と書かれていたり、全国紙が一般的な観測風景が書かれているのと対照的に、地方紙は「三条大橋では・・」などローカルな地名や話題が掲載されていることに子どもたちは気づきました。

 この後、一部ずつ新聞を手渡された子どもたちは、その紙面の中から一つの記事をチョイスして感想をまとめる作業に入りました・・・・

きょうの給食(5月17日)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
[今日のメニュー]

・ミートソースペンネ
・アスパラサラダ
・クロワッサン
・牛乳
・チーズ(型抜き)

 「ミートソースペンネ」に入っているペンネとはパスタの名称です。イタリア語でペンネ(penne)とは“羽先やペン”を表すpennaの複数形で、形がペン先に似ているのでこの名前がついています。給食で使われるペンネには細かい溝があります。細かい溝があるペンネを“ペンネ・リガーテ”といいます。この溝によってミートソースが絡みやすくなり、よりおいしく食べることができます。
 ペンネは小麦粉から作られています。小麦粉といってもパンや天ぷらに使われる小麦粉とは種類が違います。ペンネ等のパスタは“デュラム小麦”という種類の小麦粉から作られます。普通の小麦粉と比べるとたんぱく質量が多いので茹でてもコシが強く形が崩れにくくなります。
 久しぶりに袋入りの「クロワッサン」も登場しました。給食で登場するパンの中でも人気があるのではないでしょうか。給食のクロワッサンは生地の間にマーガリンを何層にも折り込んであり、ふんわりとした食感が特徴です。ミートソースをつけて食べてもおいしかったです。
 
 「アスパラサラダ」は今が旬のアスパラガスの他にも、キャベツ、きゅうり、ハムが使われています。アスパラガスには疲れをとり、スタミナをつけてくれる“アスパラギン酸”が豊富です。 

 チーズは動物や乗り物等の形をしています。写真には8種類の形が載っていますが他にコアラ、サッカーボールの形があったようです。
 5年生の男の子達ではサッカーボール型が人気で楽しみにしていたようですが、5年生のクラスには一つもありませんでした。かにの形は4つもあったのに・・・残念。調べてみると4年生のクラスに1つだけありました。とてもレアでした。

平成29年度 5月の教育相談(2日目 低学年)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 5月17日(水)、昨日につづいて「教育相談」の2日目です。

 今日も低学年(1〜3年)の子どもたちは、学習ひろばに集合して、中谷養護教諭による紙芝居を聞いて、自分の順番を待ちました。

平成29年度 5月の教育相談(2日目 高学年)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 こちらは高学年の教育相談中のようすです。

 自分の順番がまわってくるまで、4年生は加藤教頭による理科の授業を受けていました。(コンピュータ室で活動)
 5年生は、教務主任の伊藤教諭による書写の授業、6年生は算数の課題(ドリル)に取り組んで待ちました。

日本語教育を担当する新渡戸先生です!

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 深川小学校ではここ数年で、外国人児童(ブラジル)が4名ほど入学してきました。
 この中にはまだまだ日本語でコミュニケーションをとることにとまどう児童も見られます。そこで今年度より「日本語教育指導者」が深川小にも派遣していただけることになりました。
 日本語教育指導者は「取り出し授業」(学級から特定の児童を別の部屋に移動させて行う授業)で、外国人児童に日本語の「読み」「書き」をはじめ、日本の慣習などを指導します。また、学級の授業に参加して、外国人児童の横でサポートをすることもあります。

 5月17日(水)は、日本語教育指導者の新渡戸(にとべ)先生の来校日です。画像は1時限目、本校に転入して3ヶ月ほど経過したブラジル人の男子(2年)に絵本をつかって指導をしているところです。(深川小で2時限目まで指導したら、別の学校へ移動です)

 新渡戸先生は、火・水・木曜日に深川小学校をはじめ、原山小、品野台小、光陵中学校など、市内の9小学校と2中学校を巡回しながら指導していかれます。(とってもいそがしい先生ですね)

平成29年度 5月の教育相談 (1日目)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 5月16日(火)の2時限目、「教育相談」が行われました。
 教育相談は、担任と子ども一人ずつが、日ごろ思っていることを話し合います。
 高学年(4〜6年)の子どもたちは自分の相談時間がまわってくるまで、担任から出された課題(ワークシートや問題など)に取り組みます。担任は別室で面談中で不在ですので、加藤教頭、伊藤教諭、学生サポーターが見守ります。
 低学年(1〜3年)は、自分の順番がくるまで学習ひろばに集まって、紙芝居や絵本の読み語りを聞いたり、読書をしたりして待ちました。

英語で1月は、なんていうの・・・

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 5月16日は火曜日、外国語担当のジェニー先生が来校する日です。
 ジェニー先生は二つの学校を担当しているので、毎週火曜日でも朝一番に深川小に出勤してお昼前に他の学校へ移動するパターンと、深川小へ4時限目に来校して、午後まで勤務するパターンの二種類があります。
 本日はお昼前に来校するパターンでした。
 画像は5時限目、6年1組の英語の授業風景です。ジェニー先生から出される指示はほとんどが英語で行われますが、6年の子どもたちはちゃんと意味を理解して活動していました。
 今日は、アルファベットのAからZまでのおさらいと英語の歌を練習しました。さらに、「1月」、「2月」・・・それぞれの月を英語ではどのように話すのかを教えてもらいました。

きょうの給食(5月16日)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
[今日のメニュー]

・こしね汁
・ツナの甘辛煮
・ハリハリづけ
・ごはん
・牛乳
・手巻きのり

 「こしね汁」は群馬県の郷土料理です。給食で登場するのは初めてではないでしょうか。群馬県の名産物である、こんにゃくの「こ」、しいたけの「し」、ねぎの「ね」からこの名前がついています。
 群馬県のこんにゃく芋と原木しいたけの生産量は日本一です。特にこんにゃく芋の生産量は圧倒的に多く、全生産量の9割を占めています。
 また、群馬県下仁田町では「下仁田ネギ」という短くて太いねぎが有名です。加熱すると強い甘みと滑らかなとろみが出るのが特徴です。
 こしね汁は、さっぱりした「夏仕立て」、体があたたまる「冬仕立て」と、季節によって味わいを変えて楽しむことができます。今日の給食では白みそとしょうゆであっさりしたあじつけでした。
 こしね汁には“しあわせにんじん”も入っていました。今日はかわいらしいうさぎさんの形でした。

 「手巻きのり」が登場しましたので“手巻きごはん”を作ります。
 のりの上に巻きやすいようにごはんを薄くのせ、具材である「ツナの甘辛煮」、「ハリハリづけ」をのせてくるりと巻きます。
 子どもたちは自分たちで巻くのでお寿司屋さんになった気分でくるくると巻いていました。

キャンプにむけて(5月16日)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 5年生は6月に定光寺野外活動センターでキャンプ生活をします。
 今年度も道泉小学校の5年生と同じ炊飯場で「カレーづくり」をしたり、二校合同キャンプファイヤーなどの活動を行ったりします。
 また2日目には、祖母懐、東明、古瀬戸小学校ともクラフト体験などで交流することが計画されています。

 5月16日(火)の長い放課、3階の学習ひろばから軽快なポップスが流れてきます。
 行ってみると、5年生が担任の近藤教諭の指導で、キャンプファイヤーで発表するトーチトワリングの練習をしているところでした。
 今回のキャンプでは、昨年に大ブレイクしたテレビドラマ「逃げ○」のエンディングテーマ曲がトーチトワリングのBGMになるようですね。
 この曲にあわせてのダンスが老若男女を問わずブームになったことも記憶に新しいですが、まだトーチ棒の回し方をマスターしていない部分になると、急にトーチ棒を捨てて、ダンスに切り替える子どもの姿が見られるなど、楽しそうな練習風景でした・・・・

イノシシ目撃情報(5月15日)

 水無瀬中学校からの下記のような情報がありました。

 本日(15日)午後3時前、水無瀬中北にある特別養護老人ホームにイノシシが出没したそうです。


 水無瀬中学校に通う本校の卒業生もいますので、注意が必要ですね。
画像1 画像1

内科検診(新たな学校医さんです)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 5月15日(月)の午後、保健室で内科検診が行われました。
 長年にわたって本校の学校医(内科)を担当された伊藤Drが退任されたことにより、今年度より山内 一征Dr(水南校区にあるやまうち内科理事長)が深川小学校担当の学校医さんとして着任されました。
 山内Drには、子どもたち一人ずつにやさしく声をかけながら、ていねいな問診していただきました。

男子トイレを改修しました

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 5月15日(月)、本校の環境整備ではすっかりおなじとなった效範小勤務の用務員の上薗さんと幡山中の進藤さんの2名が来校して、男子トイレの改修をしてくださいました。
 上薗さんと進藤さんは、ふだんはそれぞれの学校に勤務していますが、市内の学校より要請があれば、そこへ出張して、さまざまな修繕作業をしてくださいます。
 深川小もこれまでに、渡り廊下の屋根のふき替えをはじめ、児童玄関扉の修理、児童用靴箱のリフォーム、昨年度の3学期には、ウサギ飼育舎の改修でお世話になりました。
 本日は、二人の用務員さんに3階男子トイレの改修をしていただきました。

 このトイレでは、天井近くのタンクに貯められた水が一定の水位まで達すると、自然落下で小便器に水が流れて洗浄する・・・という古典的な(?)仕組みになっています。ところが4月あたりからタンクに水がたまるまでにとても時間がかかるようになりました。原因は壁の中に埋められた水道管に鉄錆(てつさび)などが固まって、水の流れが滞っているためのようです。(ちょうど私の血液ドロドロの血管みたいなもんですわね(^_^;)
 この男子トイレでは、過去にも配管がつまることがあったようで、もう一つのタンクはすでに給水管が露出していますが、いよいよ残りのタンクも配管を外へ出す作業が必要となったようです。
 午前中にはじめた作業で、なんとかバイパス手術(?)が成功して、タンク上部には新たな蛇口が設置されました。

 明日から勢いよく流れる水で便器が洗浄されると思います・・・(*^_^*)

きょうの給食(5月15日)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
[今日のメニュー]

・トックスープ
・ビビンバ
・ごはん
・牛乳

 「トックスープ」にはトック、チンゲンサイ、にんじん、しいたけ、わかめ、ねぎが入っています。“鶏豚湯”という鶏と豚のエキスが入った中華ガラスープをベースに作っています。
 “トック”とは、うるち米、またはもち米で作った韓国のお餅です。韓国には様々な形や長さのトックがありますが、給食では食べやすいように短いトックがつかわれています。

 「ビビンバ」はご飯とナムルや肉、卵等の具を入れて、良くかき混ぜて食べる料理です。
 給食では、もやし、にんじん、ほうれん草、炒り卵、豚肉、切り干し大根を使います。
 給食調理室でつくる炒り卵は家庭での作り方と異なるので、その方法を紹介したいと思います。
 家庭で炒り卵を作るときは、菜箸4本をつかって作りますが、給食では泡立て器を使います。釜に油を入れ熱し、塩で調味したとき卵を流しいれ、かき混ぜて作ってきます。釜の火力が強いので焦がさないよう素早くかき混ぜます。家庭用の泡だて器よりも大きいので、これは力のいる作業です。
 きれいに仕上がった炒り卵と肉、野菜に調理員さん手作りのみそだれをからめ、ごはんにのせていただきました。

読書週間スタート

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 5月15日(月)より「読書週間」がスタートしました。
 初日の読書タイム(朝の会)は、子どもたちの読書へのモチベーションを上げる目的で、各学級の担任による「読み聞かせ」が行われました。
 画像は、1年生から3年生までの読み聞かせ風景です。

 読書週間は、5月26日(金)まで行われます。子どもたちが図書室や学習ひろばへ足を運んで、いろいろな本とふれあってほしいです。

読書週間スタート (2)

 こちらは高学年(4〜6年)の教室での、担任による「読み聞かせ風景」です。
 それぞれの担任は、子どもの頃に読んで心に残ったお話をはじめ、家にあった本、小学生の子どもたちに読んでほしい本などを持ち寄って紹介していました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

ごあいさつの日(5月15日)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 5月15日は“5のつく日"ということで、登校時間帯に「あいさつ運動」が行われました。
 平成29年度に入って、これが2回目の「ごあいさつの日」となります。
 今回も児童会メンバーはこの日のことをわすれずに、通学班の友だちより一足先に学校にやってきて、スタンバイしていました。

 朝のいそがしい時間帯に来校して、子どもたちに温かい声をかけてくださったPTA役員のお母さんたち、そして見守りボランティアの加藤さんにこの紙面をかりて感謝申し上げます。
 

1年交通教室 その1

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 晴天にめぐまれた12日(金),1年生が交通教室に出かけました。朝8時30分に学校を出発。瀬戸市のマイクロバスに乗り込み,東明小学校の1年生と合同で市民公園東にある交通児童遊園に行きました。
 現地には,深川・東明小学校の他に水野小学校の1年生も来ていました。はじめに児童室に入り,交通児童遊園職員・警察官の方々から話を聞きました(写真上)。
 腹話術を使った人形劇では,横断歩道の正しい渡り方について面白おかしく学ぶことができました(写真中)。さらに映画の上映があり,『自分の命は自分で守る』を合言葉に,子どもたちの交通事故防止への意識を高める内容のものとなっていました。
 前半の最後には,交通指導員さんから傘さし歩行や傘あげ横断についてデモンストレーションを交えながら,1年生にもわかりやすく教えていただけました(写真下)。

1年交通教室 その2

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 交通教室の後半は,実地訓練です。自動車学校のようなコースを歩きながら,手あげ?横断の練習をしました(写真上)。
歩道を横断する前に『右・左・右』を確認すること,歩道の前半は右方向,後半は左方向からの自動車に気を付けることと,教わったばかりのことでしたが上手にやることができていました。
 また,道路わきに駐車車両がある場合の横断方法も学びました。子どもたちの視界に入っていないところから急に車が来ることを忘れないようにと,警察の方から教えていただきました(写真中)。
 交通教室の最後は,本物の信号がある交通公園前(市民公園体育館前)の公道で横断練習をしました(写真下)。
今回の交通教室を通して,自分自身で交通事故から身を守ることの大切さを学ぶことができました。今日の学んできたことを,今後の生活に生かしてほしいと思います。

きょうの給食(5月12日)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
[今日のメニュー]
・ゆばのすまし汁
・いわしの梅煮
・いんげんのごまあえ
・とりめし
・牛乳
 
 今日は“自校ごはんの日”ということで「とりめし」が登場しました。給食室の釜で炊きます。釜の火力が強いので調理員さんは焦がさないように気をつけて作っています。だしや調味料で煮込んだ鶏肉、ごぼう、にんじんが入っていました。

 「ゆばのすまし汁」には湯葉、しいたけ、たけのこ、三つ葉が入っています。
 湯葉は豆乳を加熱すると上にできた膜を竹串などで引き上げたものです。豆腐と同じ大豆の加工品です。湯葉に含まれるたんぱく質量は豆腐の3倍以上あります。

「いわしの梅煮」はいわしをしょうゆ、みりんといった調味料と愛知県産の梅肉で煮てあります。いわしは骨も食べられるよう軟らかく処理されています。
 今日の梅煮のいわしは“まいわし”です。まいわしは背が青く、側面に7つぐらい点があります。「ななつぼし」と呼ぶ地域もあります。
 また、EPA(エイコサペンタエン酸)という栄養がいわしの油には含まれています。
EPAは常温でも固まりにくい性質を持っています。血小板の凝集を抑制し、炎症やアレルギーを軽減する効果も期待されています。
 
 梅煮のよこに添えられているのは「いんげんのごまあえ」です。いんげん、にんじんをたっぷりのすりゴマ、炒りゴマで和えました。

イノシシ目撃情報(5月12日)

 瀬戸市役所に下記のような情報が入りました。

 5月11日(木)16時頃、南公園でイノシシの目撃情報がありました。近くの学校は注意してください。
画像1 画像1
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
瀬戸市立深川小学校
〒489-0074
愛知県瀬戸市宮脇町53
TEL:0561-82-2272
FAX:0561-82-2362