最新更新日:2017/10/23
本日:count up3
昨日:212
総数:153294
10月24日(火):語学相談員来校     25日(水):「ごあいさつの日」   波の会「ストーリーテリング」     26日(木):委員会活動   わくわくタイム     

2学期始業式の日程

画像1 画像1
 長いと思っていた夏休みもあっという間にすぎ、とうとう最終日となりました。
 9月1日(金)から、いよいよ2学期がスタートします。
 当日の日程は下記のとおりです。

 8:35 〜  8:40  健康観察・移動

 8:40 〜  8:55  始業式(学習ひろば)
                 ・校歌斉唱
                 ・校長あいさつ

 9:00 〜  9:20  清 掃 

9:20 〜  9:40  放 課                         
 9:40 〜 10:25  学級活動
               ・課題提出の確認
               ・諸連絡

                
10:25 〜 10:35  帰りの会

10:40 〜        一斉下校

 横断歩道を渡るときは、左右の確認、手を挙げて!

 みんな、元気に登校してね!
画像2 画像2

○深川小のあゆみ(昭和61〜63年度 −1−)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
【昭和61年度】 児童数:251名

 4月3日、入学式には45名の児童が入学しました。
 6月26日、名古屋フィルハーモニー交響楽団より10名の団員が来校。音楽鑑賞会が行われました。 
 年が明けて3月25日、業者さんにより運動場の南側に防球ネットを設置するための工事が始まりました。

【昭和62年度】 児童数:229名

 4月3日、新1年生 36名が入学しました。
 4月9日、防球ネットが完成しました。
 年が明けて、昭和63年1月31日、愛知環状鉄道線が 岡崎 - 新豊田 - 高蔵寺間で開業しました。

【昭和63年度】児童数:216名

 4月4日、新1年生31名(男子11名、女子20名)が入学しました。

 63年度は子どもたちにとって、学習環境が大きく整備される年でした。それは建設されてから20年以上経過した校舎の大規模改修工事が行われたのです。
 工事は老朽化した箇所の修理や児童用トイレの改修をはじめ、教室の間取りの変更、新教室の設置、さらには外壁塗装まで行われ、学校施設のリボーンとなりました!


○深川小のあゆみ(昭和61〜63年度 −2−)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
昭和63年8月31日、校舎の大規模改修工事が完了しました。3階西端にあった複数の教室の壁を取り除いて、大きな一つの空間ができました。ここは「学習ひろば」という名前の特別教室に生まれかわりました。
 9月11日、体育館で「深川連区 敬老会」が行われました。高学年の子どもたちが受付に待機して、来場するお年寄りの胸に花をつける微笑ましい姿が記録されています。式典後のアトラクションでは鼓笛隊の演奏でお客様の長寿をお祝いしました。

 10月16日の改修工事完了検査を経て、11月1日は記念式典が行われました。会場はできたばかりの「学習ひろば」でした。
 この式典には、当時の瀬戸市長・井上氏をはじめ、加藤教育長らを来賓としてお招きして、保護者、地域のみなさんも参加の中で、盛大に開催されました。 

○深川小のあゆみ(昭和61〜63年度 −3−)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 昭和63年12月になると、校舎2階西に新設された家庭科室が授業で使用されるようになりました。画像は12月13日、家庭科室での調理実習一番乗り(?)の6年生がイチゴショートケーキをつくっているところです。(写真 1・2)
 また12日には、当時としてはユニークなデザイン(台形や半円形)の座卓30ほどが、家具店から納入されました。23日には、学習ひろばを使用する子どもたちの姿が記録されています。(写真 3・4)

 年の明けた1月7日(土)、昭和天皇・崩御にともない、8日(日)より新元号「平成」が施行され、時代は「昭和」から「平成」になりました。
 2月24日(金)は「大喪の礼」で、学校は休業日となりました。

○深川小のあゆみ(平成元年・2年度)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 時代は昭和から新しい元号の平成にうつりました。

【平成元年度】 児童数:212名

 この年に行われた大きなイベントとして忘れられないのは、名古屋市で行われた「世界デザイン博覧会」(以下 デザイン博)でした。
 「デザイン博」は7月15日に開幕し、11月26日までのおよそ5ヶ月間にわたるロングランの博覧会でした。
 テーマは、「ひと・夢・デザイン−都市が奏でるシンフォニー」で、会場を「名古屋城」・「白鳥」・「名古屋港」の3つに分散しての開催となりました。
 思えば、この時に登場したマスコットの「デポちゃん」が、現在の「ご当地キャラクター」や「ゆるキャラ」の元祖のようにも思えます。(写真 1)
 深川小学校からは、11月2日に5・6年生が白鳥会場に出かけています。
 この他に、7月に1階児童トイレの改修工事が行われ、10月27日には、名古屋銀行より寄贈された「イチイ(一位)の木」を玄関前に植樹しました。
 年が明けて3月10日には、体育館ステージの緞帳(どんちょう)が新調されました。

【平成2年度】 児童数:208名

 8月7日、体育館に放送設備が設置されました。「学校沿革誌」のページをめくると、
「11月12日、天皇陛下即位正殿の儀のため、休日となる」との記載がありました。

 画像は4月4日の入学式のようすです。前年度まで入学式の会場は体育館でしたが、この年より学習ひろばに変更になったことがわかります。
 1年1組の担任は加藤(な)教諭でした。(写真 2〜4)

 全校児童数が200名より多いのは、この年度が最後となりました・・

○深川小のあゆみ(平成3年度)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 【平成3年度】児童数:196名

 「学校沿革誌」の平成3年度のページを開くと、保険団関連の記事が二つほど見つかりました(保険団なんて、懐かしいひびきの名前ですね・・)

「6月7日 ウォータークーラー買い替え(保険団)」という記載があります。なつかしいですね。当時の学校には、金属製の箱で足下のペダルを踏むと冷たい水が出る機器がありましたね。
 10月20日にはPTA保険団 ママさんソフトボール大会で深川小が準優勝しました。
 年が明けた2月11日、業者さんの工事によって運動場南側に二つの遊具(雲梯、ジャングルジム)が設置されました。
 また17日には佐藤校長の作業によって、「タイヤ跳び」が設置されました。

○深川小のあゆみ(平成4年度)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 【平成4年度】 児童数:179名

 平成の時代に入って教育現場で働くわれわれにとって記憶に残る出来事の一つが「学校週5日制」の導入でした。
 週5日制・・といっても現在のようなシステムではなく、毎月第二土曜日だけが休業日となるものでした。
 システム導入までに「保護者が仕事のために留守家庭になってしまう場合の子どもの受け皿はどうするのか・・」といった話し合いがもたれて、当面は学校休業日には体育館などの施設を開放して、子どもの居場所をつくるなどの措置をとった学校が多くありました。
 さて、土曜日がはじめてお休みになった記念すべき日は、2学期に入ってからの9月12日のことでした。
 耐火金庫に大切に保管されている「学校沿革誌」には、
「今月より毎月第二土曜日が学校休業日となる。運動場のみ開放。学校開放管理責任者を置くことが教育委員会より指示され、PTA役員が交代であたることになった。運動場で遊んだ児童のようすを記録、管理責任者の感想とともに教育委員会へ報告」
と記録されています。
 今の深川っ子に
「むかしは土曜日も授業があったんだよ。」と話したら、どんな反応が返ってくるのでしょうか?
 
 画像は年が明けた2月22日に行われた「親子バイキング給食」のようすです。この時は2年生と5年生の児童とその保護者が学習ひろばに集まって、いっしょに給食を食べた後に、ゲームで遊んだり、歌や器楽合奏を発表したりしました。

○深川小のあゆみ(平成5年度 −1−)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
  小中学校の「道徳」の時間はこれまで教科外の活動という位置付けでした。学校教育法施行規則の改正により、道徳が「特別の教科 道徳」、つまり教科へ格上げされた・・というニュースは記憶に新しいところです。
 小学校ではいよいよ2018年度(平成30年度)から完全実施されることから、教育現場では「道徳」という言葉が重要なキーワードとしてしばしば登場するようになりました。
 さて、さかのぼること平成5年5月6日、深川小学校は当時の文部省(現在は、文部科学省)より「道徳教育推進校」の指定を受けました。
 実際にはその前年の平成4年4月から愛知県教育委員会より「道徳教育」の研究委嘱を受けていたので、研究・実践はすでに二年目を迎えていました。「体験活動」を重視した道徳教育の実践が計画されるなど、当時の深川小は先駆的な取り組みをしていたんですねぇ。

 【平成5年度】児童数:174名

 7月13日、「収穫祭・たなばた会食会」では、運動場にやぐらを組んで、みこし踊りを披露する計画でありましたが、雨天のためやむなく会場を体育館に変更しての実施となりました。
 年が明けて1月31日、「創立90周年記念事業」として、職員・児童の集合写真、2月24日には運動場に並んでの航空写真が撮影されました。当時の児童数は174名、みんなで、運動場に「深川」の人文字をつくって、撮影用の飛行機が上空にやってくるのを待ちました。

 2月26日、校内マラソン大会が行われました。競技終了後、子どもたちには、あったか〜い「ぜんざい」がふるまわれ、「ぜんざい会食会」となりました。

○深川小のあゆみ(平成5年度 −2−)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 3月11日、モンゴルの首都ウランバートル出身のシンガーソングライターであり、NHK紅白歌合戦にも出場経験のあるオユンナさんが来校。学習ひろばで子どもたちに、その天使の歌声を披露したり、母国モンゴルの民族衣装や民芸品、代表的な楽器(馬頭琴など)を紹介したりしてくださいました。
 当時の子どもたちにとっては、国語の教科書に掲載された物語「スーホの白い馬」で、モンゴルはなじみ深い国であったことと思います。

○深川小のあゆみ(平成6年度 −1−)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 【平成6年度】 児童数:174名

 4月6日、入学式が行われ22名の新1年生(男13名,女9名)が仲間入りしました。
 6月7日、定光寺野外活動センターで野外活動が行われました。この年より5年生の活動に1年前にキャンプを経験した6年生も参加することになりました。また前年度まで二泊三日であった期間を短くして、一泊二日のキャンプとなりました。
 
 6月16日にプール開きが行われ、翌17日にはプールサイドにマットが敷設されました。これは照りつける太陽光で熱せられたプールサイドのコンクリートは裸足では歩けないほど高温となるための対策でした。

 7月4日、ミニトマトの鉢植えや学級園で栽培の栽培をしてきた子どもたちが、体育館で「収穫祭」を行いました。
 いっぱいの日光をあびて、たくさんの野菜が収穫できました・・・
 

○深川小のあゆみ(平成6年度 −2−)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 保管されている記録写真を見ると、高学年児童が家庭科室でカレー作りなどの調理を担当していたようです。
 完成したカレーが体育館に運び込まれ、栽培してきたきゅうりやミニトマトなどの収穫を祝い、楽しい「たなばた会食会」が行われました。
 
 この年の夏は異常気象で梅雨の季節でありながら、ダムのある水源地において、ほとんど降雨がありませんでした。愛知県の水がめに蓄えられるはずの水量がなく、公共機関や家庭には「節水」が呼びかけられました。小学校では学級園への水やりの制限も始まりました。
 7月15日、渇水対策として深川小学校では屋上タンクのバルブが閉められました。夏休みに入ると、異常渇水はさらに深刻さを増して、とうとうプール開放が中止となりました。
 

○深川小のあゆみ(平成6年度 −3−)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 平成7年は「第49回 国民体育大会 秋季大会」(わかしゃち国体)が愛知県で開催された年でした。瀬戸市体育館は「ウエートリフティング」の会場となりました。(平成29年8月現在も、市民公園の交差点には国体を記念したマスコットキャラクターが飾られていますね)
 国体本番が翌週にせまってきた10月23日(日)、「大会旗・炬火リレー」が瀬戸市内で行われました。
 瀬戸市では、陶土採掘場で採火された「窯の火」が市内の9区間を代表走者によってリレーされて、ゴール地点である雲興寺まで運ばれました。その後はクルマによる輸送で、隣接する藤岡町へ届けられると、豊田市内から届けられた「車の火」と合火して「産業の火」となり、さらにリレーされました。
 深川小学校からは6年生の金井さん、水野さん、岩本さん、牛田さんの4名がリレー選手として参加しました。

 「わかしゃち国体」は10月29日(土)に開幕しました。開会式ではファンファーレ隊の登場、そして「開式通告」により、選手団の入場が始まりました。
 それまでの国体の開会式では、社会人や高校生のブラスバンドがファンファーレ隊を担当してきました。小学生で編成されたファンファーレ隊による開式通告はこの「わかしゃち国体」が当時としては史上初だったそうです。
 瀬戸市からは八幡小学校と幡山西小学校二校の児童が選出されて演奏を担当しました。
 11月1日、6年生が瀬戸市体育館でウエートリフティング競技を観戦しました。

○深川小のあゆみ(平成7年度 −1−)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 【平成7年度】児童数 167名

 4月6日、入学式が行われ、新1年生28名が入学しました。
 平成4年の9月からスタートした「学校週5日制」ですが、当時は毎月・第二土曜日だけが休業日となるものでした。
 平成7年4月より、毎月の第二土曜日にくわえて、第四土曜(この年は4月22日)が休業日となり、隔週の学校週5日制となりました。
 
 この年も二学年合同による会食会が企画されました。いずれも会場は3階の学習ひろばでした。
 5月8日は、2・6年による会食会、7月7日は、1・4年生の児童とその保護者が参加しての「たなばた会食会」が行われました。(写真 1〜3)
 10月20日には、「こまいぬ会食会」が行われ、地域のお年寄りをお招きして、3・6年生が交流を深めました。(写真 4〜6)
 年が明けて2月13日には、2・5年生とその保護者による「なかよし会食会」が行われました。

○深川小のあゆみ(平成7年度 −2−)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 平成5年度に「道徳教育推進校」の指定を受け、この地方の道徳教育をリードしてきた深川小学校ですが、学校沿革誌を開くと、県内外から視察のために来校する教育関係者があり、来校者のために授業を公開したり、研究の概要を説明したりしました。
 10月26日には、滋賀県で開催された「全国小学校道徳研究大会 滋賀大会」において、竹内教諭が深川小での実践をまとめて発表を行いました。
 

 [視察のために来校した教職員の皆さま]
  ※町村合併などの理由で、現在は名称が変わっているかもしれません。

【6月】
 富山県富山市第7区域教務主任

【8月】
 山口県新南陽市(現在 周南市)校長会

【10月】
 千葉県長生郡長柄町 教務主任

【11月】
 東京都清瀬市道徳研究会

【12月】
 三重県伊勢市小学校校長会、長野県上高井校長会

【1月】
 千葉県成田市立豊住小学校

【2月】
 栃木県足利市立山前小学校、埼玉県飯能市立第一小学校、
 東京都葛飾区立新宿小学校、三重県一志郡白山町立川口小学校

【3月】
 埼玉県深谷市立大寄小学校、桶川市立川田谷小学校
 東京都多摩市立豊ヶ丘小学校、埼玉県行田市立下忍小学校
 静岡県田方郡大仁町立大仁小学校
 

○深川小のあゆみ(平成8年度)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 【平成8年度】児童数:164名

 4月6日の入学式には、26名(男子12名 女子14名)の新1年生が深川っ子の仲間入りをしました。
 画像は6月14日の「プール開き」のようすです。当時はプールサイドに保護者のみなさまをお招きしていました。水泳の授業が始まることへのお祝いと無事を願って、盛大に式典が行われていたことがわかります。(写真 1〜3)
 夏休み中の8月23日から27日までの5日間、体育館フロアの塗装工事が行われました。翌28日には、教室に手すりを取り付ける工事が行われました。
 9月15日に行われた「深川連区 敬老会」では、深川小学校の鼓笛隊が演奏を披露して、地域の高齢者の長寿をお祝いしました。(写真 4)

○深川小のあゆみ(平成9〜10年度)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
【平成9年度】児童数:162名

 4月7日、新1年生26名(男11名 女15名)が入学しました。
 5月6日、全校遠足で子どもたちは、知多半島にある山田海岸へ潮干狩りに出かけました。(写真 1)
 6月2日、職員室、校長室、保健室にエアコンを設置する工事が行われました。きっと当時の子どもたちは
 「大人だけ、いいなぁ〜〜」とつぶやいたかもしれません。
10月5日、秋の大運動会が行われました。鼓笛隊が演奏を披露しました。(写真 2)
11月18日に行われた「市音楽会」には、4・5年生が参加しました。
 年が明けて1月14日、バイキング給食が行われました。
 1月23日、瀬P連研修会で深川小学校PTAが研究発表をしました。


【平成10年度】児童数:157名

 4月6日、入学式。この年の新1年生は24名(男子12名 女子12名)でした。
 11月21日、古新聞回収がスタートしました。以降、第3土曜日が回収日となりました。
 年が明けて1月8日、この地方にしてはめずらしくたくさんの雪が降ったようで、運動場ではしゃぐ子どもたちの姿が記録されています。(写真 3)
 2月25日、東印所在住の鈴木様が来校、子どもたちに「鷹狩り」についてのお話を聞かせてくださいました。また運動場では実際に鷹狩りのようすを見せていただきました。
 鈴木様は陶芸家であると同時に、吉田流鷹匠でもあります。鈴木様の陶芸作品の中には「鷹」をモデルにした作品も多く見られます。

 

夏休み 先生たちの英語レッスン

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 小学校学習指導要領の改訂では、言語能力の確実な育成をはじめ、理数教育、体験活動、伝統や文化に関する教育などの重視が改善事項となっています。
 このところ、特に脚光を浴びている一つが「道徳教育の充実」で、“特別な教科 道徳“などの名称で、教科として格付けされています。そして、もう一つが「外国語の充実」です。小学校中学年では「外国語活動」、高学年で「外国語科」が導入される予定です。 外国人のALTにたよらず、日本人の職員が主導ですすめるこれからの授業では、英語で指示を出す場面がこれまで以上に多くなることが予想されます。
 8月28日(月)の午後、こうした改訂ポイントに対応すべく、外国語指導に関する研修会を行いました。講師には、英語の授業でおなじみのジェニー先生が来校してくださいました。
 今回は、ジェニー先生が“先生役“、職員が“子ども役“になって、授業のオープニングシミュレーションを行ったり、職員がペアになって、英語による指示を出したり、それを受け止めて、ワークシートにメモしたりする活動を体験しました。

粘土作品の焼成 終わる

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 この夏も佐脇教諭によって、子どもたちが制作した粘土作品が焼成されました。
 現在、図工室にはいろいろな作品が並べられています。この中から「子ども陶芸展」をはじめ、「まるっと せとっ子 フェスタ 2017」など3つの作品展に、代表作品がそれぞれ出品される予定です・・・

PTA環境整備作業 (1)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 8月26日(土)、「PTA環境整備作業」が行われました。
 「今回は早朝の涼しい時間帯に作業時間を設定してみては・・」という提案をいただき、例年より1時間早い午前7時30分より作業を開始することにしました。
 私たちが学校に到着すると、すでに早朝ソフトボールで運動場を使用する同好会のメンバーや公民館関係者のみなさんが校庭に集まって、草抜きや樹木の剪定作業に汗を流してくださっていました。

 参加者が体育館に集まると急に雨が降りはじめるという、悪条件のもとで開会セレモニーが始まりました。 
 今回は、直前の雨で湿った地面で草が抜きやすく、薄曇りの天候と絶好の“整備作業日和(?)”となりました・・・

PTA環境整備作業 (2)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 今回の作業にも、深川小学校のグランドを使用するサッカーのクラブチーム・瀬戸FCの子どもたちをはじめ、コーチ陣、保護者のみなさんが参加してくださいました。
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
瀬戸市立深川小学校
〒489-0074
愛知県瀬戸市宮脇町53
TEL:0561-82-2272
FAX:0561-82-2362