最新更新日:2018/08/16
本日:count up10
昨日:154
総数:886581
平成30年度も本校の教育活動へのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

3月4日 おはなし玉手箱 10年を迎えました

 子どもたちに読み聞かせをしていただいている「おはなし玉手箱」が結成10周年を迎えました。 
 「おはなし玉手箱」は、1998年2月に子どもたちに本の魅力を知ってもらおうと、PTA活動の一環として結成されたものです。
 保護者や地域の有志の人たちが、月2回の読み聞かせをしてくださっています。
 写真は、中日新聞に紹介された記事と子どもたちが本を読んでもらっている時の様子を写したものです。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

1月25日 安藤正太郎さんのバイオリン演奏

 1年生、3年生、4年生が安藤さんのバイオリン演奏を聴きました。
 ピアノ伴奏は丹羽先生です。 
 聴かせてもらったのは次の各曲でした。

 ・『ハンガリー舞曲第5番』(バイオリン・ピアノ)
 ・『星に願いを』(バイオリン・ピアノ)
 ・『小さな世界』(バイオリン・ピアノ)
 ・『白鳥』(バイオリン・ピアノ)
 ・『The Hot Canary(バイオリン)』
・『さんぽ』(バイオリン・ピアノ・歌(全児童)
 ・『君をのせて』(バイオリン・ピアノ・歌(竹浦先生))
 ・『チゴイネルワイゼン』(バイオリン・ピアノ)
 素敵な演奏を聴かせていただいたお礼に、子どもたちみんなで『マイ バラード』を歌いました。
 そしたら、安藤さんはまた一曲『メヌエット(L Boccherini)』プレゼントしてくださいました。

 しっとりとした、とても豊かな気持ちを味わうことのできたひとときでした。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

1月22日 縄跳び集会(1)

 毎年この季節になると縄跳びで遊ぶ児童が多くなります。
 また、一人で跳ぶのではなく、集団で跳ぶ長縄飛びも盛んになります。
 練習を積めば確実に上手くなる。
 縄を回す人、跳ぶ人が呼吸を合わせてチームワークを高めると何回も跳べる。
 その結果、達成感が得られるのです。
 クラスの団結力も実感できるのです。
3分間に180回も跳んだクラスもありました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

1月21日 桜島大根を紹介しました

 世界一大きな大根である桜島大根。
 九州は鹿児島県桜島で丹精込めて栽培されたものです。
 JAグリーン鹿児島本部のみなさんのご協力で子どもたちに見せることができました。
 ご協力ありがとうございました。

 体重計で重さを計ってみると、12キロもありました。
胴回りを測ってみると、97僂任靴拭
 そうすると直径は
97÷3.14 = 30.89
 30儖幣紊砲發覆蠅泙后

 どうしてこんなに大きなダイコンになるのでしょうか。
 それが知りたくて少し調べてみました。

 タネをまくのは8月下旬〜9月はじめ。
 葉っぱが120枚もあり、光合成を盛んに行う。
 12月から肥大が始まり、1月2月に急激に肥大する。
 桜島は海に囲まれ冬も暖かい。
 その上、火山灰の土壌で柔らかく、空気(酸素)・水をよく含むので、根を深くはれる。 
でも、もし火山灰が降ってきたら被害を受けてしまうので、おおいをかぶせて防がなければなりません。

 栽培農家の人たちが丹精こめて半年もかけて栽培された結果なのです。
 
 さて、味はどうでしょう。
 まだ、料理していませんが、
 肉質は緻密で、繊維が少なく柔らかく、甘みに富むとのことです。
 漬け物、生食にも
 見物(煮くずれしない)にも
 リンゴの皮をむくようにして切り干しダイコンにしても
 とても美味しいダイコンです。

 同じダイコンでも、江南市でとれるダイコンや扶桑町でとれる守口ダイコンとは形も大きさも、ずいぶん違っていますね。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

1月20日 守口大根と聖護院大根

 江南市は愛知県一の大根産地です。
 学校でも畑をお借りして子どもたちが栽培しています。(実際は小澤さんにほとんど世話をしていただいて、収穫のときに参加しているといってもよいのですが)

 ところで、大根には他にもいろいろな種類があります。
 扶桑町の山名小学校から守口大根をいただきました。
 山名小学校の児童のみなさんが栽培して収穫されたものです。
 長さを測ってみると1メートル20センチもありました。
 犬山扇状地の畑で木曽川の砂地のところで育てられたものです。

また、相談員の滝口先生から聖護院大根をいただきました。
 お母様が栽培された立派な聖護院大根です。
 一回りが57僉
 直径はその約3分の1ですから、およそ約19僂任后
大きなカブのような大根です。

守口大根はおいしい漬け物に、聖護院大根はおいしいおでんやサラダになります。
 同じ大根でもずいぶん違っているのですね。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

1月10日 避難訓練

 火事を想定した避難訓練をしました。
 消防署の方にも来ていただきました。

 火事の煙について次のような話を聞きました。

 煙の移動スピードは横方向に1秒あたり30僉50僂琶盥埖度と同じくらい。
 慌てないで姿勢を低くして逃げることが大切。
 上の方向にはその約10倍のスピードで移動する。
 1秒に3m〜5mと速い。
 ハンカチなどで口を覆って、できるだけ速く逃げる必要がある。
 体験の煙は無害だが、火事の煙には有毒ガスが含まれているので非常に危険だ。
 低学年は実際に煙体験をしました。

 高学年は初期消火のしかたを学びました。
 消火器の使い方を実地に体験しました。

 「全体にしっかりやれています」とほめてもらえました。
 子どもたちは多くのことを学ぶことができました。
江南消防署のみなさん有り難うございました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

1月7日 3学期始業式

始業式にあたって概略次のような話をしました。

 0 みんなが揃って3学期を迎えられるということは本当のありがたい嬉しいこと。

 1 正月早々,とても素敵な場面に出会うことができた。
  6年生の女の子がジャージ姿で颯爽と走りランニングで体を鍛えていた。
  きっと新しい目標を立てたのだろう。
みなさんもそれぞれの目標に向かってがんばってほしい。

 2 今はこんな時期
 1年の始まりであると共に3学期のスタートの時期。
 山登りに例えれば,7合目を過ぎたあたり。
 あと少し頑張れば見晴らしの良い頂上。
 この時期にこそ,一がんばりが必要。
 伊吹山や富士山も途中まではさほどきつくない。
 だが、もう少しで頂上だというところで,大変急な崖のようなところになる。
 息も苦しくなる。
 一歩一歩を確実に、よいしょよいしょと意識して足を運ばねば。
 でも、それをしばらく続けるとゴールに。
 心から「ヤッター!」という気持ちを味わうことができる。
 次の段階を迎えることができる。
 
4 では,どんな気持ちで3学期を送ればいいのだろうか。
  ‖茖韻飽貎涌貎佑しっかりすること。同時に互いに良い仲まであれということ。
 4年生のみなさんが一人一人絵を描いた連凧。
 つないだタコの一つひとつは、自分でしっかり風を受け高く上がっていく。
 同時に、自分はすぐ隣のタコからも糸を通して力強く引っぱられて、
 そしてまた,自分は反対側のすぐ前のタコを引っぱりあげている。
 つまり自分で風を受け高く上がるだけでなく,
 他から引っ張り上げられ,
 また,他を引っ張り上げている。
 良い仲間というのはこういうこと。

 ◆‖茖欧
  上級生がんばれ
 家でも学校でも,クラブ活動でも会社でもみんなそう。
 先に進んでいる人,上の人がしっかりとお手本になる。
 そうすれば家も会社も学校もよくなる。
 家では大人が,会社では先に入社した人たちが,学校では上級生や先生が,
 きちんと見本を示してゆけば,後に続く者は間違いなく進んで行ける。
 だから,学校では6年生や5年生の責任はとても重い。
 藤里小学校全体が良くなるのか否かは、6年生や5年生にかかっている。
 そう言って間違いない。
 6年生が藤里小学校で過ごすのもあと2ヶ月半ぐらい。
 君たちの持っている最高のものを、下級生にいっぱい見せて卒業していってほしい。
 すぐあとに続く5年生がそれを受け取り,見習って進んでゆく。
 そして4年生,3年生,2年生,1年生と続いてゆく。
 
 最高のものとは何だろうか?   みなさん一人ひとりに考えてほしい。
 あたりまえのことをあたりまえに
 これを着実に行えばいいのではないか。
 あいさつがちゃんとできる、
 授業中に友だちの発言をしっかり聴くことができる、
 縄跳び集会に燃えることができる,
 歌声集会で自分を表現できる。
 こういった毎日の普通のことを,
 あたりまえにできればいいのではないか。

  毎日元気に学校に通うこと
 少々のことでは休まないで元気に学校に来ること。
 しばらくは寒い日も続く。
 朝、起きるのがつらい日もあるだろう。
 今日は休みたいと思うような日もあるかもしれない。
 でも、そういう気持ちに負けるな。
 がんばるんだ。
 天の神様が試練を与えていると思ってほしい。
それに立ち向かっていくことで、
 心も体も一回り大きく成長できる。

5 では、みんなで力を合わせて、先生たちと一緒に、素晴らしい3学期をつくりあげましょう。

1月1日 謹賀新年

 明けましておめでとうございます。
今年も藤里小学校の児童にとってまた、すべての人々にとって、
素晴らしい年になりますように、職員一同力一杯取り組んでゆきます。
 保護者のみなさま、地域のみなさまのご理解とご支援をよろしくお願いいたします。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

12月21日 2学期終業式

 充実した2学期が終わりました。
 終業式では次のような話をしました。

 2学期はどんな学期だったのか? 振り返ってみよう。

  ,澆鵑覆乃せちを一つにして取り組み、創り上げることの素晴らしさが感じられた2学期。
※ 学習発表会のことを振り返って話しました。

 ◆―颪力、考える力がついてきた。学び名人の姿が見られた2学期。
※ 畑の先生への手紙(2年)や1週間で一番心に残ったことの作文(5年)や日記の文章(5の3の「きずな」)を紹介しました。

 体を動かして働くことの素晴らしさを感じた2学期。
   ※ 科学実験・工作お楽しみ広場などで児童が一生懸命に机を運んだり、片付けをする姿を紹介しました。

ぁ‖海韻襪海箸料農欧蕕靴気里△辰殖桶愆。
※ 6年生新井くんに倒立したまま歩くのを演じてもらいました。継続は力なりです。

 最後に、いつものように宿題を出しました。
 【宿題】体に気をつけて過ごし、1月7日に元気に登校すること。

11月25日 藤里小PTAに感謝状贈呈

 11月17日(土)県教育委員会尾張教育事務所,尾張地区家庭教育推進運営協議会主催による「子どもに語ろう」尾張地区推進大会が開催されました。
  その席上で,優良家庭教育推進組織として,本校のPTAが表彰されました。
  藤里小学校のPTAが主体となって,家庭教育を単に個々の家庭の問題としてとらえるのではなく,学校全体ひいては地域ぐるみにまで発展するよう活動を推進しているというのが受賞の理由です。

  本校のPTAが以前から取り組んできた親子読書,親子協力によるリサイクル活動,親子ふれあい学級,親子文化講座,親子清掃活動,親子教育講演会,夏休み出前授業など多くの事業が認められたということです。

  PTA役員の八木と中村でいただいてきた「感謝状」と「楯」をご覧ください。本物は北館1階のPTA活動室に展示してあります。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

11月23日 学習発表会(6年生)

 小学校最後の学習発表会。
 世界の音楽を、器楽合奏とリコーダーで演奏しました。
 95人全員で作り上げたハーモニーを聴いていただきました。

 〔保護者の声より〕
準備の時、音を自分で確認したり、楽器を並べる時も自分たちでがんばってやっている姿に、さすが6年生と感動しました。
 ラデツキー行進曲、素敵でした。

 6年生の最後の合奏はびっくりしました。音楽を得意とした子どもばかりでもあれだけそろえるのは難しいと思います。感動しました。合奏がそろった感動は大きくなっても思い出に残ると思うので、これからも続けてほしいです。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

11月22日 学習発表会(4年生)

4年生の発表はスクール・ミュージカル。
「少年少女冒険隊」は、自分たちの力で考え、歩き、ソッと街を抜け出し、宝物を探しに出かけます。そこで見つけたものは・・・・。

〔保護者の声より〕
 どの子も声が大きく、いきいきと演じていたので、本物のミュージカルを観ているようでした。まわりで観ていた他の学年のお母さんたちも感動して涙が出たと言ってくれました。
 子どもたち一人ひとりがきらきらと輝いてみえ、素晴らしい発表だったと思います。先生方もご苦労さまでした。

 二部合唱もきれいなハーモニーで、とにかく感心しました。
 何よりも歌っている時の子どもたちの楽しそうな笑顔を見ているだけで、こちらまで笑顔になってしまいました。
 ストーリーもよく、このミュージカルをやって、「友だちの大切さ」や「自分自身を大切に思うこと」を学んでくれていれば嬉しいです。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

11月21日 学習発表会(3年生)

 3年生の発表は劇・合唱「サーカスのライオン」です。
 国語の授業で学習した「サーカスのライオン」を劇にしたものです。
 少年と年老いたライオンとの心の交流を表現しました。

 〔保護者の声より〕
 3年生になるとあんなに立派な発表ができることに感心しました。
 合唱も大きな口を開けて、息もぴったりでした。
 鑑賞していてもとても気持ちが良かったです。
 来年の成長が楽しみです。
 これからもがんばってください。


画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

11月20日 学習発表会(1年生)

 1年生は劇「スイミー」を演じました。
 大きな魚から身を守るために、小さな魚たちが団結する劇です。

 〔保護者の声より〕
 1年生があんなに上手にできたことにとても驚いています。
 声もみんなよく出ていてはっきりと聞き取りやすかったです。
 一人一人が台詞を覚えて、あんなに大勢の前で発表ができて、とても感動いたしました。
 
 
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

11月19日 学習発表会(2年生)

2年生は劇「ライオンのめがね」を演じました。
 森の王様のライオンは実は目が不自由なのでしたが・・・・。

 〔保護者の声より〕
 「森の熊さん」や「小鳥の歌」など、小さな子でも知っている歌なので、楽しく聴けました。
 どの子もみんな一生懸命やっていて、子どもの才能はとても素晴らしいと思いました。たくさんの人の前で演技をして、これからの自信につながると思いました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

11月18日 学習発表会(5年生)

 たくさんの方々が参加にお越しいただきありがとうございました。
どの学年も一生懸命に演じ、子どもたちのすばらしさが発揮されたと思います。

 写真は5年生の劇「権三太鼓」です。
 和太鼓をバックにして、龍神神話の民話劇を演じました。

 〔保護者の声より〕
 とにかく感動の連続でした。
 太鼓の音に圧倒され、みんなの演技する声の大きさに圧倒され、そのままお話の中に引き込まれました。
 最後、涙が出てしまいました。本当、みんなのがんばりが伝わってきて最高の演技でした。ありがとうございました。ご苦労様でした。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

12月17日 PTA文化教室

 先日のPTA文化教室の様子です。
 みんなで集まって楽しく制作しました。
 今回は参加できなかった方も次回にはどうぞご参加ください。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

11月1日 芸術鑑賞会

 『志多ら』のみなさんの和太鼓演奏を聴きました。
 ものすごい迫力でした。
 最後は子どもたちもいっしょにフィーバーしました。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

11月6日 ブラジル料理をつくりました(PTA)

 江南市国際交流協会「ふくらの家」の協力を得て、PTA会員講習会でブラジル料理をつくりました。

 献立はつぎのものです。
 □フェイジャオン(豆の煮込み)
 □カルネ エストゥファタ(牛肉のトマト煮)
 □サラダ
 □アホス ドゼ(お米でつくったデザート)

 どれも本格的なブラジルの家庭料理だそうで、美味しかったです。

 講師はスエッペネ ケイコさんたちでした。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

11月5日 読み聞かせ(PTA)

 おはなし玉手箱のみなさんの読み聞かせ。
 今回は何と日本語と英語で読み聞かせ。
 子どもたちは不思議そうに聞いていました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
江南市立藤里小学校
〒483-8317
愛知県江南市村久野町藤里1
TEL:0587-58-8751
FAX:0587-58-8742